治療案内

治療方針

松田整骨院では、患者ひとりひとりの症状にあった「治療方針」を決めて患者様に説明し、患者様が抱える「痛み」に対してスタッフ一同全力で向き合い治療に専念します。

「痛い」と感じる部位とは違う部位であっても違和感などがあればご遠慮なくお申し付けください。

■首・肩の痛み

  • 毎日肩こりがひどい
  • 肩こりで頭痛や吐き気を伴う
  • 手や指がしびれることがある
最近では長時間のデスクワークにより肩の痛みがでる場合があります。 筋肉が凝り固まってしまうのが原因です。
また、使い過ぎで筋肉疲労により疲れがたまり炎症をおこすと肩に痛みがでます。 ひどくなると頭痛や吐き気を伴うことがあり、四十肩・五十肩を引き起こす原因にもなります。
首の痛みしか症状が無い場合でも、肩甲骨の周囲の筋肉が凝り固まっている場合が多くあります。

まずは丁寧な診察を行い些細な症状を見逃さず治療を開始します。
立体動波、超音波や牽引などの最新医療機器を取り揃えており、患者さんに痛みに合わせた手技、電気治療をしております。

■腰の痛み

  • 座り仕事でも腰が痛い
  • 足がしびれている
  • いつも腰が痛い。重くだるい
  • 立ち上がるのが辛い
  • 坐骨神経痛になった
腰痛は現在多くの年代層が抱えています。
腰を駆使している労働者やスポーツをする人だけでなく、デスクワークの方など様々な人が痛みを訴えています。 それだけに原因も様々です。

痛みの原因として、長時間おなじ姿勢でいる、筋肉疲労、筋力低下、骨盤の歪み、ヘルニアによる神経の圧迫など様々です。
時として坐骨神経痛が発症し足のしびれなどの症状がでて日常生活にも支障をきたす場合もあります。
腰に長い緊張が続くとぎっくり腰を起こしやすくなります。

まずは丁寧な診察を行い些細な症状を見逃さず治療を開始します。
立体動波、超音波や牽引などの最新医療機器を取り揃えており、患者さんに痛みに合わせた手技、電気治療をしております。

また、松田整骨院では「FMT腰痛治療」を施術しております。
詳しくは、「FMT腰痛治療」をご覧ください。

■膝の痛み

  • 動かすと痛い
  • 階段の上り下りが痛い
  • 膝がグラグラしたりガクンとする。
  • 膝が伸びない、又は曲がらない
  • 腫れている
変形性膝関節症という症状が疑われます。
様々な要因(筋肉の衰え、老化、肥満、O脚など)により関節の負担が増えて膝の軟骨が損傷し炎症を起こしている状態を言います。
この症状は比較的ゆるやかに症状が進行するので調子が良かったり悪かったりで初段階では気が付きにくいことがあります。 炎症がひどくなると、水腫といい膝に水がたまり腫れてしまいます。

立体動波、超音波や牽引などの最新医療機器、テーピングやサポーターでの関節固定、運動訓練などを組み合わせて治療していきます。