スポーツ障害・外傷

  • ボールを投げると肩が痛い、思い切り投げられない
  • 肘が痛くなってきた(野球・テニス、ゴルフなど)
  • 肩が上がらない
  • 何かを持つだけで痛みが走る
野球肩はオーバーヘッドスローイング動作を行うスポーツ全般に発症します。
特に野球のピッチャー・バレーボールのアタッカー・テニスのサーブ、スマッシュ時・水泳競技などでも起こります。
肩関節の滑液包炎、棘上筋腱炎、上腕二頭筋腱炎、インピンジメント症候群などさまざまな原因が考えられます。
テニス肘・野球肘・ゴルフ肘は「上腕骨上顆炎」と呼ばれ、ピッチングやストロークなどの繰り返しの動作で一部意に慢性的に疲労が重なることによっておこるオーバーユースの障害です。

最近ではパソコンでの仕事における指の使い過ぎでもみられます。
松田接骨院には、学生の運動選手やスポーツ愛好家、プロスポーツ選手など多数来院されています。
スポーツ障害は「年齢・性別・種目・ポジション」などさまざまな要因と特徴があります。
それぞれにあった適切な治療が望ましいといえます。